そこで、パーツを買って、一からジャマーを作ろうという大胆な企画を計画しました。ノコギリ派を出すだけなので、簡単に作れるだろうという安易な発想から生まれたハンズオンイベントです。従来の ジャマーは、常に送信装置の出力が最低仕様性能を満足するように作動させているため不要に電波を増幅して送信しているという問題点があった。

銀協がATMコーナーでの携帯電話禁止処置を発表しました。各行は、ATM周辺に携帯電話使用を遠慮するようにとのポスターを掲示しました。一方で、巣鴨信金のように無人ATMコーナーでの振込をやめるという金融機関が出てきたり、千葉銀行のように携帯電話通信抑止GPS妨害機の設置を検討する銀行もあります。被害の深刻さを考えれば贅沢も言ってはいられませんが、監視犯罪の対処法としては高コストです。導入にはある程度の覚悟ととも、資金が必要となります。

携帯電波遮断装置 無線シグナルの抑止装置 電波遮断ジャマー CDMA/PHS/3G/GPS/WiFiを遮断

ガラケーからスマホへと端末がシフトチェンジした現在では、どうやらこの行為が国際的に増加傾向にあるようで、先生にとっては「どうやったら生徒にスマホをいじらせないようにするか」悩ましい問題そもそも「ジャミング」とは、同じ周波数の電波を利用し正規の電波を混線させ、他人の通信を妨害する行為のことで、日本では雑音を避けたい「医療機関」や「コンサートホール」など一部の施設を除き、行うことが電波法で禁止されています。

アパート・マンションなどでwifi ジャマーを使用すると、上下左右などの隣室、場合によっては隣近所の家の電波まで妨害してしまう可能性があります。思考盗聴被害というのは、監視被害でもかなり重度な被害にあたりますので、被害者が妨害機を使用した場合、その事実は妨害機の被害を受けている近隣住民へ、すぐに知らされることでしょう。

なお、この要件において、設置場所としては、「コンサートホール、劇場、演芸場」としていますが施設の名前により免許の可否を判断するものではなく、実験試験局が開設される場所における興行の目的、内容等によって判断します。例えば、美術館や図書館などは、一般的に平静を保つ必要のある場所ですが、上記要件の〔2〕を満足するものとは考え難いので、当該無線局の開設は認められません。

3G/4G電話 ジャマーは会場であるオペラ劇場プロセミアムに4台設置し、事前テストを行った。ソフトバンクの携帯電話の帯域から順に、au, NTT docomoと抑止装置を動作させ通信圏外の環境を参加者全員で確認した。抑止装置は現在、日本とフランスのみ実用化され、運用に関しては無線局免許と無線従事者の資格を必要とされているとのこと。過去事例として滋賀県びわ湖ホール舞台担当押谷さんより、B帯ワイヤレスと抑止装置との干渉例が報告された。